腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

腰痛防止/日常から腰痛予防を

腰痛は日本人の約8割の方が1度は経験したことがあると言われています。

慢性的な腰痛を理由に、痛みをかばう様な動作や姿勢を続けてしまうと、姿勢の悪化や脊柱の変形を起こしてしまう場合があります。

腰痛の予防・悪化を防ぐために効果的なセルフケア方法をご説明します。

腰痛は骨や神経、筋肉によるものなど、様々な原因がありますが、ほとんどの腰痛は筋肉がなんらかの影響を及ぼして起こることが多いです。

例えば、長時間のデスクワーク、立ちっぱなしの作業、重たい荷物を持つ、スポーツのあと、車の運転後などのことが要因になって、腰周りの筋肉が緊張し、硬直することで痛みがあらわれます。

特に腰部の筋肉は、身体の構造的に負担が掛かりやすく緊張しやすい筋肉なので、普段から姿勢や動作に注意が必要です。

筋肉は、ストレッチにより引き伸ばされることで緊張が緩和し、柔軟性が向上します。腰痛は腰部の筋肉が硬直してしまっていることが多いので、その緊張を落としてあげることが必要です。

股関節の筋肉は、骨盤から大腿骨にまたがる筋が多く付着しているので、腰部と密接に関係しています。そのため、腰部のみのストレッチでは十分に効果が得られません。


スポンサーリンク


腰部のストレッチだけでなく、股関節を含めた下肢のストレッチを合わせて行うことで、より効果的に腰痛を緩和・予防できるのです。

体を温めることで血行が改善されると、筋疲労が緩和されるとともに柔軟性向上が図れます。入浴やホットパックで腰背部を温めると良いですよ。入浴後のストレッチと並行して行うことでより一層効果的です。

《買い物帰りの腰痛予防 》

例えば、買い物帰りに片手の手だけで、重たいものを持ったりすると、体の重心のバランスが崩れてしまいます。

そうすると、背骨や骨盤に歪みが生じてしまい、腰痛の引き金となってしまう可能性があります。

このような場合には、出来るだけ同じ重さの荷物を両手で持ったり、荷物を片方ずつ、交互に持つように心がけましょう。

《長時間イスに座っている場合の腰痛予防 》

当然ながら、座っているだけでも腰に負担が掛かってきます。そんな時には、座りながらでも足を交互に組みましょう。たったこれだけの事でも、腰の負担は軽くなりますよ。

そして、せめて1時間に1回は立ち上がって、屈伸などの軽いストレッチを行い、筋肉の緊張をほぐしましょう。これが腰痛予防の基本です。

 - 腰痛

スポンサーリンク


腰痛改善マニュアル人気ランキング
寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操®」プレミアム エディション【腰痛の専門家、スペシャリスト 腰痛 川井太郎 監修】

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

プロ野球選手、プロゴルファー推薦!中川式腰痛治療法

 次へ
ぎっくり腰について

 前へ
腰痛の原因2



●他サイト人気記事

腰痛防止/日常から腰痛予防を

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

Copyright© 腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法 , 2015 All Rights Reserved.