腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

10秒ずつの腰痛解消ストレッチ

腰痛は他の病気にも関連しますし、体を支える部分ですので、できるだけ、痛みを取り去りたいですよね。ズボラさんでも続けられる1つのストレッチがたった10秒でできる腰痛解消ストレッチの方法をご紹介します。

胸ストレッチ。壁を使います。ひじを曲げ、上腕から壁に寄りかかって、その姿勢のまま、胸を突き出して張ります。肩の部分が引っ張られるのを感じながら10秒、姿勢を保ちます。

背中ストレッチ。いすを使います。いすに座り、両手で両足の間からいすを持ちます。あごを引き、背中を丸めて、背中の中心部が伸びるのを感じながら、10秒、姿勢を保ちます。

ふくらはぎストレッチ。壁を使います。壁の方に顔を向け、両手を壁につけます。片足を後ろに引き、後ろ足のかかとを床に押しつけるようにし、両手で壁を押し、ふくらはぎが伸びるのを感じながら、10秒姿勢を保ちます。


スポンサーリンク


もも裏ストレッチ。いすを使います。いすに片足を置き(ももがいすと水平に近いように)、ひざに向かっておじぎをして、10秒姿勢を保ちます。

内ももストレッチ。いすを使います。股を開くような感じで、片足をいすの上に置き、少しかがむような姿勢をして、内ももが伸びているのを感じて、10秒姿勢を保ちます。

腸腰ストレッチ。片足を90度に曲げ、しゃがみ、もう片方の足を後ろにぐっと引いて伸ばし、ももの付け根が伸びたの感じたら、10秒姿勢を保ちます。

大殿筋下部ストレッチ。いすを使います。いすに座りながら、腰をそらすようにしながら、お尻を後ろに突き出し、お尻の下部がつっぱるような感じで、10秒姿勢を保ちます。

 - 腰痛

スポンサーリンク


腰痛改善マニュアル人気ランキング
寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操®」プレミアム エディション【腰痛の専門家、スペシャリスト 腰痛 川井太郎 監修】

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

プロ野球選手、プロゴルファー推薦!中川式腰痛治療法

 次へ
腰の痛みを根本的に解消

 前へ
腰痛と年齢



●他サイト人気記事

10秒ずつの腰痛解消ストレッチ

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

Copyright© 腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法 , 2015 All Rights Reserved.