腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

腰痛を和らげるアロマ温湿布

なかなか取り去れない腰の痛みや肩こり、つらいですよね。そこで、市販のアロマオイル一本で痛みを徐々に緩和させる方法をご紹介します。

ローズマリー精油(精油又はエッセンシャルオイルと表記されているもの。フレグランスオイルやポプリオイルは溶剤等が入っているのでNGです)洗面器、熱いお湯、薄手のタオル1枚、厚手のタオル or バスタオル1枚、サランラップ(無くてもOK)を用意します。

洗面器に適量のお湯を張り、精油を1~3滴まで垂らして(滴数は守って下さいね)割り箸等でよくかき混ぜます。サランラップを30センチ位の長さでカットしておきます。

薄手のタオルの3分の1位を熱いお湯に浸して、浸した部分を巻き込む様にして搾ると楽に搾れます。(やけどにご注意)フトンの上等にうつぶせになって、温タオルを患部に乗せ、その上にサランラップをかぶせて出来るだけ密封させて、さらに上からバスタオルを被せます。


スポンサーリンク


こうする事で温湿布効果が長続きします。ローズマリー精油のもつカンファーという天然成分が、腰痛や筋肉痛・神経痛を緩和させてくれます。

ゆったりとした入浴で、全身をほぐし血行を良くしてから温湿布を行えばさらに効果を期待出来、同時にハーブのフレッシュな香りで気分をクリアにして、空気の清浄もしてくれますよ。

(温湿布は主に慢性の痛みに用いますが、急な痛みには冷水で作る冷湿布で応急処置をします)「温湿布の手間が・・」という場合には、浴槽にはったぬるめのお湯(38~40度位)にローズマリー精油を5滴まで垂らして、よくかき混ぜてからゆっくりと浸かるのも方法です。一人ででも出来ますが、家族等に手伝ってもらえばベストですね!

 - 腰痛

スポンサーリンク


腰痛改善マニュアル人気ランキング
寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操®」プレミアム エディション【腰痛の専門家、スペシャリスト 腰痛 川井太郎 監修】

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

プロ野球選手、プロゴルファー推薦!中川式腰痛治療法

 次へ
腰の痛みを和らげる方法

 前へ
腰の痛みを根本的に解消



●他サイト人気記事

腰痛を和らげるアロマ温湿布

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

Copyright© 腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法 , 2015 All Rights Reserved.