腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

腰を痛めにくい重い物の持ち方

重いものを持つ際に腰を痛めにくい方法を紹介します。お仕事や家事、家庭菜園などで重いものを持ち上げる機会がある方はぜひ参考にしてください。

重いものを持ち上げようとする場合、腰に非常に負担がかかります。場合によっては腰を傷めてしまったり、ぎっくり腰になってしまうかもしれません。

ちょっと力学的な話をすると、持ち上げるときに使う腰の辺りの筋肉(力点)と、持ち上げる点(作用点)が離れているために、必要な力のモーメントが大きくなるため、腰に負担がかかるのです。腰を痛めないように持ち上げるには、以下のようにします。


スポンサーリンク


持ち上げるものになるべく近くに位置取りします。持ち上げたいものと力を入れる点が近ければ近いほど力が無駄なく持ちあげたいものに伝わり、結果、負担が小さくなります。相撲のそんきょのような感じで腰を落とし、上半身をあまり傾けずに持ち上げたいものをしっかりつかみます。

太ももの筋肉を使って立ち上がりながら物を持ち上げます。このとき勢いをつけてはいけません。力が足りなくて物が持ち上がらないという場合、それはあなたが持ち上げるには重すぎるものなのです。別の方法を考えましょう。

つまり、分けて運ぶ、台車のような道具を使う、誰かに手伝ってもらう、等々の手段を使って、持ち上げる物の重さを、上記の方法で持ち上げられる重さまで減らします。効率は悪くなるかもしれませんが、腰を痛めるのにはかえられないはずです。

 - 腰痛

スポンサーリンク


腰痛改善マニュアル人気ランキング
寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操®」プレミアム エディション【腰痛の専門家、スペシャリスト 腰痛 川井太郎 監修】

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

プロ野球選手、プロゴルファー推薦!中川式腰痛治療法

 次へ
腰痛を改善させるコツ

 前へ
腰痛解消法



●他サイト人気記事

腰を痛めにくい重い物の持ち方

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

Copyright© 腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法 , 2015 All Rights Reserved.