腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

腰痛を改善させるコツ

腰痛は腸腰筋と密接な関係があります。骨盤~下腹の奥を通る3つの筋肉をまとめて腸腰筋と言います。腰痛はこの筋肉が縮むことにより起きます。または弱まることにより起きます。

椅子に座る時は、必ずお尻が背もたれにつくまで深く突き出させること。基本的ですが、デスクワークが多い人にとってはかなり重要です。

立っている状態からしゃがむ時orかがむ時も必ずお尻を後方に突き出して下さい。その結果として膝が曲がりしゃがむことが出来たと言うことなります。この癖をつけて下さい。

歩く時ももちろん、お尻をクイッと後ろへ突き出したままクビレを作って歩いた方が最高に良いです。腰への負担をお尻が全て吸収してくれると考えて下さい。


スポンサーリンク


座っている時寝っ転がっている時いつでも良いので、痛む側を手で揉んで下さい。腸腰筋は下腹の奥深い所にあります。

骨盤の出っ張りが左右にあると思いますが、そのすぐ内側をグイグイと手で押したり揉んだりして下さい。腸腰筋が縮む(固まる)と腰に負担が掛かるのですから、揉んで筋肉をほぐし伸ばすと負担は取れます。

弱った腸腰筋を鍛えるのに丁度良いのが階段です。シンプルにさっさと出来るので、時間が無くて本格的な運動が出来ない人にやって欲しい鍛錬法です。

普通に一段一段登ってもあまり効果はありませんから、腸腰筋に効くように二段三段と飛ばしてのぼって下さい。腰痛は非常に辛く厄介。完璧に治して心地よい生活を送りたいですね!

 - 腰痛

スポンサーリンク


腰痛改善マニュアル人気ランキング
寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操®」プレミアム エディション【腰痛の専門家、スペシャリスト 腰痛 川井太郎 監修】

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

プロ野球選手、プロゴルファー推薦!中川式腰痛治療法

 次へ
腰の痛みを軽減する方法

 前へ
腰を痛めにくい重い物の持ち方



●他サイト人気記事

腰痛を改善させるコツ

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

Copyright© 腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法 , 2015 All Rights Reserved.