腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

生理と腰痛

男性よりも比較的女性の方が腰痛に悩んでいる人が多いように見受けられます。ヒールの高い靴を履き、腰に負担がかかった姿勢で歩くので腰痛にはなりやすいのですが、女性の腰痛は靴だけの問題ではありません。

生理の前になると体調が悪くなる女性がいます。『月経前緊張症』と呼ばれるものですが、生理が始まる数日前から、頭痛、下腹部膨満、吐き気、めまい、倦怠感、情緒不安定、腰痛など、人によって程度の差はありますが、このような症状が出ます。生理が始まると症状が軽くなったり、症状が全くなくなったりします。

生理のときに感じる痛みには、黄体ホルモンが大きく関係しています。黄体ホルモンは子宮を収縮させるプロンスタグランジンという物質を分泌させます。この物質が分泌される量が多くなると、下腹部に痛みを感じたり、腰痛を引き起こしてしまうのです。


スポンサーリンク


生理前の腰痛をはじめとする様々な症状は、精神的な面にも大きく左右されます。月経前緊張症候群に悩む女性は、神経が細かい性格の人が多い傾向にあります。
不安感や恐怖心、怒りなどの精神的な感情が傷みを誘ったり、増加させることもあるのです。心の状態の安定を心がけ、ストレスを溜め込まないことが症状を軽くする第一歩になります。

生理時に、強い腰痛や下腹部の痛み、不快感などがあり、治療が必要なほど症状がひどい場合、月経困難症と呼ばれます。生理が数日経過したり、生理が終わるとこれらの症状もなくなります。

 - 腰痛

スポンサーリンク


腰痛改善マニュアル人気ランキング
寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操®」プレミアム エディション【腰痛の専門家、スペシャリスト 腰痛 川井太郎 監修】

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

プロ野球選手、プロゴルファー推薦!中川式腰痛治療法

 次へ
妊娠と腰痛

 前へ
腰痛ベルト・コルセット



●他サイト人気記事

生理と腰痛

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

Copyright© 腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法 , 2015 All Rights Reserved.