腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

産後の腰痛

産後も妊娠中からの腰痛が残る場合がありますし、育児などによる腰痛も起こります。出産時に骨盤の恥骨結合部が開き、大きな負荷をかけながら赤ちゃんが通るのですが、恥骨結合部に産後も障害が残る場合があります。

また、出産時には、骨盤後方部分にある関節、仙腸関節にも大きな負担がかかります。とても強い靭帯で支えられていますが、出産によって関節が緩くなることにより、バランスが悪くなって腰痛を引き起こしてしまいます。

元々あった腰痛が、育児をしていく中で悪化する場合もあります。赤ちゃんを抱っこしたりおんぶしたりする姿勢はとてもアンバランスです。腰で赤ちゃんを支えなければならず、腰痛ばかりではなく、肩こりや腰痛も招いてしまいます。


スポンサーリンク


出産後、元の体に戻るまで6~8週間かかると言われていますが、ただでさえ体力・筋力共に低下しているときでもありますので、無理をすると腰に負担がかかりますので、体が元に戻るまでは周囲の人の協力のもと、無理をしないで過ごさなければいけません。

出産によって骨盤が歪んでしまったという言葉をよく耳にしますが、この仙腸関節や恥骨結合が緩みっぱなしになってしまうと筋肉なども緩んでしまい、腰痛につながります。骨盤を締め付ける専用のベルトもありますので、それらを利用して症状をやわらげることも必要でしょう。

出産後の体は、自分では自覚がなくても、思ったよりも負担がかかっています。特に骨盤に大きな負担がかかりますので、何もケアしないでいると、筋肉や靭帯、関節に変性をもたらす場合があります。

出産後には無理をしない程度に体をいたわり、骨盤に問題がある場合は、専門家の指示に従って専用ベルトを着用し、骨盤底の筋肉のエクササイズも行うといいでしょう。

 - 腰痛

スポンサーリンク


腰痛改善マニュアル人気ランキング
寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操®」プレミアム エディション【腰痛の専門家、スペシャリスト 腰痛 川井太郎 監修】

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

プロ野球選手、プロゴルファー推薦!中川式腰痛治療法

 次へ
腰痛の予防のために生活を見直す

 前へ
妊娠と腰痛



●他サイト人気記事

産後の腰痛

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

Copyright© 腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法 , 2015 All Rights Reserved.