腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

座ったまま出来る腰痛ストレッチ

どんな人が腰痛になりやすいかと言うと、座って行う作業、つまりデスクワークで多忙な人に発症しやすいのです。座っている時は、立っている時よりも腰に負担をかけています。そこに姿勢の悪さが加わると、より腰痛が発症しやすくなってしまいます。

そのため、姿勢を正すことを基本として、適度に立ち上がってリフレッシュすることが、腰痛の解消をするにあたって重要なこととなります。ただ、長時間座っていると、立つのが億劫になることは多々あります。だったら、座ったまま背もたれに寄りかかり、背伸びでもした方が良いと考えても仕方ありません。


スポンサーリンク


しかし、どうせなら、座ったまま出来るストレッチなどをした方が、より腰痛の解消に効果があるのではないでしょうか?立つのは億劫だけど座ったままストレッチ出来るならそっち、と言う方は、ぜひともこれから紹介する「座ったままの解消法」を実践してみてください。

最初に、椅子に浅く座り、片方の膝を伸ばします。 次に、伸ばした足に両手を沿わせ、少しずつ上体を前へ倒し、太ももの裏を伸ばします。痛みを感じたら、その位置でストップし、30秒キープします。 反対も同様にストレッチしましょう。注意点としては。痛みを感じたらしっかりそこで止めること。押しすぎは逆効果になります。

ストレッチなどの「体を伸ばす。体に刺激を与える」と言う行為は、腰痛の解消にとても効果があります。そのため、適度な運動を行うことも非常に有効です。肥満解消もすれば、より腰痛になりにくくなるでしょう。

 - 腰痛

スポンサーリンク


腰痛改善マニュアル人気ランキング
寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操®」プレミアム エディション【腰痛の専門家、スペシャリスト 腰痛 川井太郎 監修】

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

プロ野球選手、プロゴルファー推薦!中川式腰痛治療法

 次へ
腰痛は椅子で改善

 前へ
妊娠中の腰痛に効くツボ



●他サイト人気記事

座ったまま出来る腰痛ストレッチ

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

Copyright© 腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法 , 2015 All Rights Reserved.