腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

腰痛は椅子で改善

椅子の座り方ひとつで身体の痛みから別れられます。慢性的な腰痛にいつも悩まされている方、ギックリ腰にもう二度となりたくない方は、椅子の座り方を工夫してみましょう。薬などに頼る前に、日常生活の姿勢から直して腰痛を軽減・予防したいですよね。腰を守るため、腰痛予防のために、椅子の座り方をご紹介します。

背もたれがある椅子、ない椅子に関わらず、おしりを椅子に乗せるときは「骨盤を立てる」つもりで座るのが理想です。おしりと足の付け根のさかいめあたりにグリグリと当たる骨があると思います。

その骨を椅子の座る面に当たるように座ってみてください。そうすると、自然と背筋が伸びます。落とす前のだるま落としのように、おしりの上に腰とおなかが重なり、背骨が天に向かってのぼって頭を支えるイメージです。


スポンサーリンク


椅子の高さを考えてみましょう。椅子の高さはあなたに合っていますか?椅子に長時間座る場合はパソコンや書き物で手を使うことが多いですよね。腕の位置が腰痛に関わってくるのです。

骨盤を立てて椅子に座ったときに、ひじをわきにつけ、そのまま90度に曲げてみてください。手の高さと机の高さが合っていますか?

まったく違った場合、よい姿勢を保てずに作業していることになります。腰痛や肩こりの原因になります。椅子の高さを調節して、腕がラクに曲げられる位置にしてください。

目線にも注意しましょう。首を曲げたまま長時間座っていると背中に負担がかかり腰痛の原因となります。パソコンの画面は目の高さが理想です。机の上で書き物をするときも、背筋をまるめず机と顔の距離を十分とった方が腰痛の予防になります。

 - 腰痛

スポンサーリンク


腰痛改善マニュアル人気ランキング
寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操®」プレミアム エディション【腰痛の専門家、スペシャリスト 腰痛 川井太郎 監修】

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

プロ野球選手、プロゴルファー推薦!中川式腰痛治療法

 次へ
腰痛は温める?冷やす?

 前へ
座ったまま出来る腰痛ストレッチ



●他サイト人気記事

腰痛は椅子で改善

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

Copyright© 腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法 , 2015 All Rights Reserved.