腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

腰痛は温める?冷やす?

腰痛には様々な種類があります。筋筋膜性腰痛・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱菅狭窄症・腰椎分離症・すべり症など。これらを総称して腰痛と呼ばれます。

腰痛の原因は、急な動作をした際に筋肉が傷ついたり、腰周辺の筋肉が疲労して凝り固まってしまっていたり、長時間背骨に負担がかかったり、 加齢などにより骨が変形してしまったり、病気であったりなど挙げられますが、痛みが発生する詳しい原因はわかっていない場合が多いのです。

腰痛になった時は整形外科に行ったり、整体院や整骨院といった治療・施術機関に行かれると思います。しかし、それほど痛みが強く無い場合や、 医療機関にいっても治らずに長期間腰痛を患っている場合には、湿布などによるセルフケアで済ませようとする方々も多くいらっしゃいます。


スポンサーリンク


病院に行かなければできない処置や高性能な機器がなければできない処置方法もありますが、ストレッチや運動療法、冷却・温熱療法などは1人でもできる代表的な処置方法です。

腰痛は、炎症がある急性期は冷やし、慢性期は温めるのが正しいです。力仕事で急激に腰を痛めた時は、炎症を起こしている可能性が高いので冷やす場合が殆どでしょう。ジワジワ腰痛になった人は、病院で腰痛症以外の診断をされていなければ、温めて代謝を良くしましょう。

痛くて動かせない状態では無理かもしれませんが、腰が何だか調子が悪い固いくらいの状態であれば、軽めの運動やストレッチをする事で、温め効果、代謝改善、ストレッチ効果、さらには腰の筋肉を鍛えて腰痛になりにくくする効果も期待できます。

 - 腰痛

スポンサーリンク


腰痛改善マニュアル人気ランキング
寝たまま、簡単!腰痛体操「骨盤ゆらゆら体操®」プレミアム エディション【腰痛の専門家、スペシャリスト 腰痛 川井太郎 監修】

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

プロ野球選手、プロゴルファー推薦!中川式腰痛治療法


 前へ
腰痛は椅子で改善



●他サイト人気記事

腰痛は温める?冷やす?

腰痛の原因・予防・改善法や痛みを軽減する方法、ストレッチのやり方、ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの原因・症状・治療についてご紹介しています。

Copyright© 腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアの原因と治療法 , 2015 All Rights Reserved.